私たちは、農業・環境緑化の分野から地域社会に貢献します。
TEL:0254-23-0011(平日8:30〜17:00)

会社概要 | 事業内容 | 製品/サービス案内 | アクセス | お問い合わせ | リクルート

 
 
約30年前、学校を卒業したての遠藤さんが選んだ道は「農業」。

代々農家としての歴史を持たない遠藤さんだが、卒業後に研修を経てすぐに農業を開始。初代としてその道に入ることに抵抗はなかったそうだ。その理由をたずねてみると「人に使われる仕事は得意じゃない」という答えが返ってきた。その言葉の裏には、30年という月日を自らの責任において農業と対峙してきた男の意地が垣間見えた。

遠藤 龍哉さん

農業歴:30年
農作物:トマト・きゅうり・米
吉田農事とのかかわり:ハウス施工/肥料散布

当時、早くからトマトを産地化していた隣町の豊栄にて研修を行った遠藤さん。戻ってすぐに自らの農地を開いたわけだが、慣れない作業に厳しい気候。当初はやはり多くの苦労があったようだ。
そんな頃にビニールハウスの施工をきっかけに出会った吉田農事。トマトときゅうりの二毛作を行っている遠藤さんのビニールハウスは30年経った今も、細部にメンテナンスを入れながら元気に活躍している。
30年前は今より深刻だった積雪量。当時は玄関に入るのも雪の階段を作っておかなければならなかったと言う。そんな中でも、遠藤さんのハウスは井戸水が全体に回る仕様となっており、どんなに大雪となっても耐雪面で困ったことはないようだ。大きな骨組みの部分は当時のまま、過酷な自然環境においても劣化することなく現在も使用され続けている。

遠藤さんは言う。
「重油の値段なんかは前よりも倍になってるし、農業は1年失敗するとその後3年も響く。トマトにしたって昔は大きいのが評価されたけど今は違うから、その時のニーズに合わせて育て方も変えなきゃならない。厳しいことだらけだけど、全ては自分のペースで思ったとおりにやれる仕事が好きなんだろうね」
「吉田農事さんは、親身になって相談にのってくれるし提案もくれるから助かってますよ。この商売は、環境に対応していかなきゃいけないし経験がものを言う。そういった意味では歴史ある吉田農事さんのアドバイスはタメになるしね。
これからも現場の役に立つ良い商品を提供してほしい。安く、ね(笑)」


(取材:2014年5月)
 
 
 
関連リンク:  [ グリーンジャパン ]  [ 東海物産 ]   プライバシーポリシー
 
吉田農事株式会社

 
本社 新潟県新発田市島潟203-1
TEL 0254-23-0011(代) FAX 0254-22-1665
 
グリーンサービス課 新潟県新発田市島潟203-1
TEL 0254-23-0011(代) FAX 0254-22-1665
 
新発田営業所 新潟県新発田市島潟203-1
TEL 0254-22-4171(代) FAX 0254-22-1665
 
白根営業所 新潟県新潟市南区七軒160-3
TEL 025-373-1141(代) FAX 025-373-2496
 
岩船事業所 新潟県村上市下助渕668-1
TEL 0254-66-7847(代) FAX 0254-66-7852
 
山形営業所 山形県南陽市蒲生田1375-1
TEL 0238-45-2990(代) FAX 0238-45-2996
 
ビニール加工場 新潟県新発田市新富町2丁目1-23
TEL 0254-23-0049(代) FAX 0254-26-3159
関連会社

 
■ 新潟スカイテック
 
  明日の農業を担い、時代の先端を走る新潟スカイテックは、ヤマハ産業用無人ヘリコプター(R-MAX・R-50)を普及し、 農薬散布の能率向上をめざし、請負防除および、オペレーターの養成など、21世紀に向けての農業技術を追求します。
 
  新潟スカイテックHPへ >>
 
 
 
Copyright © 2013 YOSHIDA NOUJI Co., Ltd. Allrights Reserved.